« 森の妖精に届けたい“希望”の凧揚げ | メイン | 遊働樂舎(みちくさ)本日オープンしました。 »

2021年3月 1日 (月)

早春の足尾・松木沢で子供たちと戯れたい

20200423       昨年4月のしだれ桜

 先月、新聞で読書感想文を読んだ。「地球は生き物みんなのもの」という見出しの記事(『毎日新聞』2/5)で、那須塩原市立小学3年生の文だった。

Photo  感想文には、「北極の先住民は、昔からかりをして食料にし、必ような物を作り、自ぜんと共にくらしている。でも、ぼくたちがべんりでかいてきな生活をするために、多くの二さん化炭そを出して自ぜんをこわしてしまうと、先住民の生活をかえてしまうことになると知った。ぼくは、ごめんなさいと思った。そして、電気や水を大切にしないといけないと思った」(一部)と書いていた。

20210201

Photo_2        昨年の桜

 60数年前の小学三年生の私には、雑木林や田んぼの中で遊びこけていてこんなことを思ったことは微塵もなかった。このような気持ちにはきちんと応えたいと思った。「みちくさ」の今年は、私たちが育てている森を訪問者に案内したい。

Pa183424        昨年の訪問者

 間もなく足尾・松木渓谷入口には早春の香りを東風が運んでくる。(広報スタッフ・高橋佳夫)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/34226466

早春の足尾・松木沢で子供たちと戯れたいを参照しているブログ:

コメント

2028.10月にコーヒーを御馳走になり有難うございました。
その年の11月14日に大平山にお邪魔しました。下山は久蔵沢に降りたので立ち寄ることができませんでした。
あれ以来お邪魔してませんが、今年は是非お邪魔したいと思っています。

今年も舎人の方々の活躍を楽しみにしています。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • Cimg0076
  • Cimg0075
  • Cimg0070_2
  • Cimg0070
  • Cimg0069_2
  • Cimg0069
  • Cimg0062
  • Cimg0061
  • Cimg0060_3
  • Cimg0060_2
  • Cimg0060
  • Cimg0058_2