2019年10月19日 (土)

被災地のことを考えると、こんなことで根をあげていられない

 12日~13日にかけての台風19号の影響で、足尾でも民集の杜の北斜面からの落石で数か所の金網とポールが曲がっていたり、西の角は堰堤からの流水で土砂が下に流れ込み、網が斜めになっているなどの報告が14日にありました。

20191019_132926

20191019_132943 午前中は、来舎の方がいないと判断し、緊急に集まったスタッフの皆さんらとともに復旧作業をしました。

20191019_095313 午後にみちくさをオープンし、みちくさの入口付近に土砂が流れ込み、茶色い土が堆積していましたので、その土砂を取り除くために、松村宗雄スタッフにも手伝ってもらい、3人で行いました。

20191019_133622_2
20191019_140018
 10~20cmほど土砂が堆積していました。

20191019_135948

 猫車を使い、20回ほど未舗装の道にできた水溜まりに掻き出した土砂を埋めました。(写真は10回ほどの様子です)

20191019_141320

20191019_150314 石と石の間に入りこんだ土砂を掻き出すのに苦労していると、一緒に作業をしていた松村宗雄スタッフから「被災地のことを考えると、こんなことで根をあげていられない」と、言われ、力が漲りました。

20191019_133122 明日20日は休舎です。来週土曜日26日から再開します。一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈り致しております。

本日の放射線量は0.102μSv/h、舎人は小黒、小林でした。

2019年10月 7日 (月)

足尾・松木渓谷入口、“みちくさの庭”は秋の花ざかり。

今日足尾に向かう日光有料道路に入ると、強い雨がフロントグラスをたたき、足尾の天気が心配になりました。日足トンネルを抜け足尾に入ると青空が見え一安心しました。

Pa063429

本日は10月6日(日)、9時の気温は19℃、肌寒い1日となりました。
みちくさオープンの準備をしていると水道の水が出ません。午前中、鎌田さんが水源の確認と“みちくさ”の周りに伸びた草を刈り払い機で刈ってくれました。

Pa063476

雨の天気予報の影響もあり松木渓谷に向かうハイカーや釣り人を見かけません。

Pa063639

“みちくさの庭”を観察するとイヌサフランの花が満開ですが寒さのためか、花は閉じたままです。ヒガンバナは真っ赤な花を広げ、イヌサフランの紫の花とのコントラストが目を楽しませてくれます。

Pa063456

Pa063460

Pa063633

Pa063461

午後は、昨日やり残した民集の杜入口の改修です。開閉しやすく獣害に対応できるよう、上下に単管を取り付けました。鎌田さん、小川さん、ありがとうございました。

Pa063671

本日みちくさの訪問者はいませんでした。朝晩の冷え込みで木々も色づいてきます。多くの森ともの皆さんの訪問をお待ちしています。

Pa063621

Pa063627

 

 
本日の放射線量 0.144µsv/h 舎人は鎌田孝男、筆者清水卓でした。

2019年10月 5日 (土)

10月の真夏日は足尾・松木渓谷の秋を足踏みさせるのか!

 10月というのに各地で真夏日を記録たとの報道。足尾・松木渓谷入口の「みちくさ」の気温は9時で22度でした。でも日差しは強く、バスで松木沢を訪れた児童は熱中症対策か木陰で学習を行っていました。

Img_0179  渓流釣りはシーズンオフになり、みちくさ前を通る人はめっきり少なくなりました。そんな中で東から吹き抜ける風は爽やかな秋を感じさせてくれました。

Pa053357  いつも顔を見せてくれる宇都宮市・大澤さんは、撮り鉄はわたらせ鉄道オンリーから今は線区も広がり、生き物までオールラウンドのカメラマンです。足尾松木沢でテンを撮った時のエピソードをちょっぴり聞かせてもらいました。その後寄ってくれた、川口市の男性からは幕岩をアタックしてきた様子を話してくれました。彼は、「ビビッて足が震えたよ!」と当時の事を笑顔で語っていました。

Img_0186

Pa053395  太田市から来た岡田さんは足尾には5~6回入ったが同じ所には行っていないと話してくれました。今日は滝めぐりを目指してきたがスタートが遅かったので途中で引き返してきたと言っていました。

Pa053397

Pa053394  訪問者との出会いを楽しんいる合間に、「みちくさ庭園」の赤く色づているドウダンツツジを見ていると、いよいよ松木沢にも秋の気配が強まっていると感じます。それにしても10月に真夏日とは・・・?

Img_0184

Photo イヌサフランが輝いていました

 そんな気持ちになって筆者は、みどり市・大木さんが最近購入した2千㍉ズームレンズで撮った写真を見せてもらいながら、樹高が2.8㍍までに生長したクスノキの越冬対策を色々と考えていました。

Img_0185  今日の訪問者は4人でした。放射能線量は0,107μ㏜/h、舎人は小井土、松村宗でした。(報告 松村宗雄)

2019年9月29日 (日)

足尾・松木の秋の空

昨夜はラグビー日本代表がアイルランドからの歴史的勝利で大興奮!なかなか寝つけず、寝不足の目をこすりながら足尾にやって来ました

が、それを吹き飛ばしてくれるほど、今日の松木はとても清々しい陽気。

02d5818f9a194ceaaba2316d9d0003cf

4af4274f3b484805bfc08025cab9dcd4

中倉山も臼沢の山の上にも、筋雲・うろこ雲が広がっています。

98e21f4fd4a44441bb620b8b7acf4cb6

D5198b7dd7c044f98846212f89ec52dd

気温は23.5℃、すっかり涼しくなりました。

松木川の対岸に目をやると、索道を作って崩落防止のネット工事をしたところから少し離れたところに何やらブルーシートで作った雨除けらしきものが。何かまた工事が始まるのでしょうか

B554d8f7d870411bb53a6c8f5142a44c

10時半くらいに最初に訪れて来てくれたのは埼玉県加須市からいらしたKさん。杖をついて痛々しそうかと思いきや、昨日、皇海山まで日帰りで行って来て痛めたとのこと。かなり健脚な方です。

11月3日(日)に開催する「足尾中倉山の孤高のブナ保護活動」にお誘いしたところ、快く参加を希望してくださいました。

少し上流まで散歩して来ますとお出かけになられ、帰りにも寄ってくださいました。

01fefe80115c4e9e8b2dba0f3ca2b72d

そうそう、ご覧いただいています皆さまにも、改めて告知させていただきます!


【足尾中倉山の孤高のブナ保護登山】

森びとプロジェクトが、煙害に耐え足尾の中倉山山頂に生き残る「孤高のブナ」(推定樹齢130年)の保護活動を行います。北側斜面の土壌が流されて根が露出しているため草の種の入った植生袋を張り付ける作業です。ふるってご参加ください!

(開催日)2019113日(日)

(集合)足尾ダム受付7時〜730

(行程)車をゲート内駐車場に移動・徒歩で登山口へ登山口集合(830)打ち合わせ・登山開始(830分〜9)ブナ到着(1130)作業(12時〜13)下山開始(13)登山口着(1430)解散

(注意事項)

10リットルの培養土を背負って登ります。

・ザックの中に入れて登るので、10リットルの培養土とお弁当、飲み水の入る大きさのザックが楽だと思います。


さて、お昼を少し回った頃に小さな子を連れた親子が立ち寄ってくれました。

お母さんが「足尾に緑を育てる会」の事務所にお勤めで、105日に子どもたちを連れてきて行うイベントの下見に来たとのことです。

毎年、足尾の小中学生と街中でウォークラリーをしてましたが、今年は松木沢で初めて実施するとのこと。

自然の中から造花などの人工物を見つけるゲームを考えているみたいです。楽しそう!

森びともトイレを解放するなどの協力をさせていただきますねー。

B9864210d7bd41feb17effdba4eb8c5d

松木もすっかり秋めいて来ました。

ヒガンバナの赤、アキアカネの赤そろそろ臼沢の森も色づきはじめるかな

A87f7182a62e4734b0f72bd12a7758d5

4aff98e078f046d1b37ba32a01e9a153

シカのお尻も白くなった。そろそろ冬支度

1b310b2205d840b18d8c612381bf5487

6edd5e06189b4631bbd70a9df39973ad

今日の放射線線量は0.113µSv/hでした。

(舎人  清水・小柴)

2019年9月28日 (土)

足尾・松木渓谷入口の草地は草紅葉モード?

1

2_3  風もなく、小さな青空が見えたり見えなかったりのどんよりした足尾・松木渓谷入口の今日。足元の草は草紅葉に向けて動き出している様子でした。室内掃除と放射能線量測定が終わって、ラジオを聴きながらカケスやツクツクボウシの鳴き声を楽しみました。

3_2  朝9時半頃、大木さんがやって来ました。先日、大木さんは2千㍉レンズ機能が付いたカメラを購入しました。それは年金暮らしのシニアにも手が届く値段でしたので、拡大した写真を見せてもらう約束をしていました。今日の「みちくさ」訪問は、その約束を守ってくれた大木さんでした。拡大写真を見ながら、新品カメラの解像度良さを話し合いました。

4

5  昼過ぎには、「臼沢の森」作業をしているスタッフから「作業終了したので下山するとの無線が入りました。作業小屋でお湯を沸かし、昼食の準備を行いました。昼食を摂った後、コンテナの整理の作業を手伝いました。今日の訪問者は大木さんだけでしたので、本日は、松木沢の草が紅葉に向けて動きだしている様子を以下に紹介します。

6 レモンエゴマ

7

8 シジミチョウやヒカゲの仲間たち

9

10

11

12

13

15

16

17

18

19

20

21_2 鮮やかなヒガンバナが日毎に多くなる「みちくさ庭園」

 今日の放射線線量は0.115µSv/hでした。(舎人 高橋佳夫)

2019年9月23日 (月)

秋が待ち遠しい雨の足尾・松木沢

 今朝9時の足尾・松木沢の天気は雨、気温は20度。風は穏やかで、湿度も低かったのですが、時折雨がみちくさの屋根やガラス窓を強く打ち付けていました。

20190923_090313 開舎早々、訪問者がいらっしゃいました。東京から来られた小林さん。仕事が休みの日は、木こりの活動をされていたり、各地を回ったりされているそうで、八幡平の松尾鉱山も訪れたことがあるそうです。「20~30年前に来たときは、岩肌が剥き出しだったけれど、緑が多くなっていて驚きました」と仰っていました。また、先日ツキノワグマが熊棚を作って、さくらんぼを食べていた場所やみちくさの入り口にマーキングした場所を案内しました。宮脇昭先生の教えを受けて、植林活動をしていることを話をすると、「その土地本来の木を植える」ことなど、ご存知でした。今夜はもう1泊されて、戦場ヶ原を見て帰られるそうです。最後に緑の募金までご協力をしていただきました。雨の中を訪問をしていただきありがとうございました。

20190923_103053 この雨の中、対岸の中倉山の斜面では、モノレールで登った所で緑化作業が行われていました。小井土さんと落石やモノレールが落ちないのか、ハラハラしながら見ていました。

20190923_114417 午後には、森作業をされている松井アドバイザーからの依頼で、10月6日のJR貨物労組の植樹用の篠竹作りをしました。さすが小井土さんは、鉈やノコギリを駆使して黙々と作られていました。20190923_124611

20190923_135738

 14時には雨が上がり、臼沢の森に雲が覆い、少し幻想的な姿を見ることができました。(数十秒前はもっと雲が多かったのですが、シャッターチャンスを逃してしまいましたので、残念でした)20190923_140304 本日の放射線量は0.117μSv/h、舎人は小井土と小林でした。

2019年9月22日 (日)

3連休なのに静寂な足尾・松木渓谷は、確実に秋を迎えています。

今日の足尾・松木は雲が多いものの青空がのぞく晴れの天気。9時現在25℃と秋の心地よい風が吹き抜ける過ごしやすい一日でした。午前中は蝉の声や鳥の声も聞こえていましたが、午後になるとパタッと止んで、一人でいると寂しくなるほどの静寂に包まれていました。

P1030652 今日一番に訪問してくれたのは、写真の小鳥ですが怪我でもしているのか、飛べないようでヨチヨチと草むらに逃げていきました。今日の訪問者はこの小鳥(ヒヨドリか?)だけでした。

P1030641 今日の舎人は松井さんと筆者加賀です。打ち合わせ後、松井さんは苗床で散水することにし、筆者は取水口の点検に行きました。「みちくさ」脇と取水口からのホースが抜けていましたので、補修を行いました。苗床に行くと今度は黒のホースとビニールのホースのジョイントも外れており、針金で応急処置を行い、無事に散水をすることができました。松井さんは周りを見ると草がポット苗を覆い尽くすように生えているとことがあり、見かねて草刈を始めました。

Cimg9513 それにしても静かです。秋の気配のする松木を目を閉じて堪能していると、明日(23日)から始まる国連の「気候行動サミット」のことが気になった。21日にはニューヨークで「若者気候サミット」が開かれ、スウエーデンの高校生グレタ・トゥンベリさんが中心となり、地球温暖化への取り組みが遅れている世界のリーダーたちに抗議をするデモが行われたという。日本でも各都市で5千人の若者がデモをしたとのニュースを聞いた。地球温暖化に対する取り組みは、日本と世界では大きな温度差があるような気がしてならない。明日からの国連「気候行動サミット」での議論が気になるところです。経済の発展よりもすべての命を最優先に考えて行動していこうと改めて考えた舎人当番でした。

P1030655

Cimg9510

P1030649 今日も塚原さんから、おいしい梨の差し入れを頂きました。いつも有難うございます。

Cimg9511

今日の舎人は、松井、加賀(筆者)でした。放射線量0.128μ㏜/hでした。

松木のモミジも色づいてきました。少しづつ秋の足音が近づいてきます。

台風17号が沖縄県を襲い、九州地方も大雨の被害が出ているようです。台風15号で大きな被害を受けた千葉県の皆さんが心配な週末です。
足尾・松木渓谷は一日中曇り空でした。9時の気温は15℃、肌寒い中での“みちくさ”オープンとなりました。

P9213062

まずは朝のコーヒーを飲みながら、本日の打ち合わせです。
今月末に毎年育樹作業で足尾を訪れるJREUOB会の皆さんを各森・杜に案内するので、午前中に、通路の草の状況や木々の生長を確認しに行くことにしました。

松木の杜、新松木の杜、民集の杜、臼沢の森の順に入りました。7月の第1回育樹祭で各森・杜を散策しましたが、木々が迫ってくるような感覚になるほどの生長を感じました。

P9212818

新松木の杜のモミジが色づきはじめたようです。モミジ平の紅葉は燃えるような紅に染まるので多くの森ともの皆さんに見てほしいですね。

P9212841

P9212843

どの杜も栗の木が実を沢山付けています。民集の杜に入ると岩をどけた様子が見られ熊がアリを探しに来たことが想像できます。ドングリや栗の実が熟す頃にまたやって来るかもしれません。
群馬県桐生市の樹徳高校の生徒の皆さんが植樹・育樹した木々も背丈を越えるほどに生長し、栗の実が鈴なりです。樹徳高校の生徒のみなさん、生物のいのちをつなぐ杜に育っていますよ。

P9212878

P9212884

P9212861

P9212887

民集の杜は草の生長も早く、通路ばかりでなく、幼木も草に覆われていました。鎌田さんから「午後は草刈りだな」と午後の作業も決め、臼沢の森に向かいました。

P9212912

P9212905

臼沢の森の階段を登ると、足元で飛び跳ねる生き物がいてビックリ。よく見るとヒキガエルです。本当に多様な生き物の森になったんだなーと感心しました。
 そして、木の根元にはミズナラやサクラの実生が生えています。地表に届く光が少ないため、今はじっと我慢し生長の時を待っているようです。

P9212931

P9212925

下山し、昼食をとった後は、筆者が“みちくさ”の番をし、鎌田さんは民集の杜の草刈りに向かいました。台風17号の影響か、松木渓谷に向かうハイカーも釣り人も見えません。鳥や虫の鳴き声も無く、対岸の中倉山北斜面の緑化工事を行うエンジン音が松木に響いているだけです。

P9212979

 “みちくさ”の番の合間に、来月JRFUの皆さんが臼沢に300本の植樹を行うため、目印となる竹串づくりを行いました。小井土スタッフが篠竹の準備をしてくれていますが、少しでも役立てられればと、竹を1mの長さに切り8等分し、手を切らないように角を削りました。42本できました。

P9213012

P9213014

P9213015

 3時を過ぎ、草刈り機のエンジン音が聞こえるので民集の杜に向かいました。鎌田さんが東側の入口から通路の草刈りを行っており、宮脇最高顧問と故岸井前理事長の記念植樹の周りをきれいに刈り取ってくれました。

P9213034

P9213037

P9213043

 年々台風が大型となり被害が拡大しています。それは地球規模となっています。23日から米ニューヨークで「国連気候行動サミット2019」が開催されます。世界各国首脳が地球温暖化防止を政治の優先課題として議論されることを期待します。

P9213009


 森に入ると多くの生き物と出会い、人間も緑に寄生してしか生きられない生物社会の一員であることを実感します。

P9212836

P9212885

P9212976

P9212987


本日の来舎はありませんでした。彼岸を過ぎると松木の杜も秋の装いへと変化していくでしょう。多くの森ともの皆さんの来舎をお待ちしています。
本日の舎人は鎌田孝男、筆者清水卓でした。
(放射線量 0.123µsv/h)

2019年9月16日 (月)

朝霧に映える足尾・松木渓谷入口の静かな山々

1  一昨日、台風被害が心配だった南房総市の森びと・相川さんに携帯がつながりました。被害はビニールハウスが壊されたという程度で済んだ、と相川さんは言っていました。今日も電気が通らない千葉県の一部の皆さん!雨の中での復旧作業お疲れ差様です。

Photo

Photo_2  今日の足尾・松木渓谷入口は朝から小雨でした。相棒の仁平さんとは今日で1週間目の足尾滞在ですので、「みちくさ」当番の今日は朝からのんびりしようと、ホットコーヒーを煎れて雨の松木渓谷を眺めました。

Photo_3

Photo_4

Photo_5        白いツユクサ?

 二人の話しは、台風15号で倒された電柱、送電線鉄塔の倒壊による「千葉県の停電被害は人災ではないか」ということでした。電柱が耐えられる風速は何㍍か、送電線の鉄塔は何年前に建てて、耐えられる風速何㍍か。報道によると電柱は風速40㍍という話でした。日本はだいぶ前から風速40㍍以上の暴風が吹いているのであるから、耐えられない電柱の対策が問われる。そのように考えると、企業対策の有無によって今回の停電は企業責任と言わざるを得ない、という話に二人は落ち着きました。

P9167563

Photo_6

Photo_7

Photo_8  10時半頃から雨が上がりそうな天気に変わったので、「みちくさ庭園」の草を刈りました。

Photo_9  訪問者はいませんでしたが、松木渓谷で「一泊してきました」と言って足尾ダム方面に戻っていった男性二人のあいさつがありました。午後2時頃になると再び雨が降ってきましたので、早めに帰路につきました。今日の放射線線量は0.118µsv/hでした。(舎人 仁平範義、高橋佳夫)

2019年9月 8日 (日)

足尾の秋の訪れは、まだまだかな。

きょうの足尾の空は、朝から強い日差しが照り付けていて、みちくさをオープンした時の気温が32度もありました。空を見上げて見ると真夏のような青い空が広がっていました。

Dscn0434 空を見ると、雲がタバコでも吸って吐き出した煙がハートの形にみえました。

Dscn0437 みちくさの周りには、チカラシバの穂が風になびいていて、トンボが柵に止まって羽を休めていたり、バッタが草むらで日差しを避けているようでした。

Dscn0436

Dscn0439

Dscn0440 苗木に散水していると、水の出が悪いようでホースをたどっていくと、みちくさの横のホースのつなぎ目から勢いよく噴き出しているのを見つけて応急処置した。

Dscn0438 小黒さんの奥様から、ハワイのコナコーヒーらしい香り袋を頂きました。室内にコーヒーの香りが漂っていました。

Dscn0441 いつも訪問してくれる、大木様さんが友人とクマの写真撮影に来て、みちくさに立ち寄ってくれました。美味しい漬け物いただきました。

Dscn0443

お昼頃に、桐生市から友人と2人で松木沢に釣りに来た方が訪問してくれました。「とても素敵な所で、今度来た時は、河原でランチをしたり、寝そべったりしたい」とノートに記入してくれました。

Dscn0445_2

台風が関東地方に上陸するらしいので、午後からはみちくさを訪れる”森とも”はいませんでした。本日の舎人 は加賀春吾、武田芳明。気温32℃、晴れ(放射能線量 0.139USV/h)    

最近の写真

  • 20191019_150314
  • 20191019_141320
  • 20191019_140018
  • 20191019_135948
  • 20191019_133622_2
  • 20191019_133122
  • 20191019_132943
  • 20191019_132926
  • 20191019_095313
  • Pa063671
  • Pa063639
  • Pa063633