« 初の夏日を感じた足尾・松木‼ | メイン | 足尾は桜が満開、ウキウキ気分で森作業&訪問者との交流 »

2022年4月16日 (土)

色とりどりの花たちが咲き誇る松木の里を満喫

 本日は4月16日(土)。早朝の足尾は雲が低く垂れこめていましたが、徐々に上っていき9時オープン時には青空が広がり始めました。気温は9℃と肌寒くストーブに火を入れましたが、昼には18℃となりポカポカ陽気の1日となりました。

Dsc04542_2

Dsc04551_2

Dsc04677_2

“みちくさ”内の掃除を行い、コーヒーを飲みながら本日の作業打ち合わせを行いました。

先週、松村宗雄さんが“みちくさ”横の階段修繕を行ってくれました。今日も継続して、腐りかけた縦杭と横杭の補修を弘永さんにお願いし、筆者は松木の里に彩りを添えてくれるサクラやミツマタ、芽吹き始めた木々の様子を観察に向かうことにしました。

Dsc04553_2

弘永さんは水源の確認・掃除を行った後に、森びと広場から甲羅板と四角い長い杭を運び上げ、階段幅に合わせて切断し補修しました。人間よりも足尾の動物たちの利用頻度が高いと思いますが、みちくさの庭や広場への行き来が安全になりました。

Dsc04559_2

Dsc04771_2

 みちくさの庭を観察すると、ミツマタは黄色い花が満開です。

Dsc04661_2

Dsc04643_2

Dsc04656_2

 森びと広場の周りはサクラが咲き誇っています。マメザクラは花が散ったのかなと思い地面を見ても花弁はおちておらず、よく見ると食べられた跡がありサルの集団に食べつくされたようでした。

 

Dsc04610

Dsc04600_2

 松木の杜の白やピンク、紅い花びらのサクラが目を楽しませてくれます。コブシの花も満開です。

Dsc04566_2

Dsc04578_2

Dsc04586

Dsc04583

 新松木の杜のサクラはまだ蕾で、長く花を楽しめるように時期をずらしてくれているようでした。地面を確認するとシロガネスミレが小さな葉を出し始めました。5月のGW頃には花が楽しめそうです。

 

Dsc04689

Dsc04692

 民集の杜に行くとキジが鳴き声を上げていました。春になったのでメスを探しているようでした。

 杜に入るとカツラやシラカバ、コナラなどが小さな葉を広げ始めました。太陽の光が反射しキラキラと輝いていました。

 

Dsc04763

Dsc04723

Img_6301

Dsc04740

Img_6302

Dsc04756


 

 今日の“みちくさ”訪問者は午後2時半ごろに松木の散策に訪れたご夫婦のお二人です。

松木川沿いの黒い斜面に驚いた様子で、弘永さんから銅山での精錬過程で出た鉱滓カラミの説明をさせていただきました。また、まだまだ荒廃地の広がる山の様子から、一昨年の台風19号の被害を心配され、松木川沿いの道路が寸断されたことを紹介すると驚かれた様子でした。来る途中で大きなカナヘビを見かけたと森の生き物たちが動き出したことを教えてくれました。

Dsc04776_2

Dsc04668

 春の花咲く季節の後は新緑の森へと移り、鳥や四季ごとに変化する松木の里を楽しむことができます。またのお越しをお待ちしております。

 

 本日の森作業は弘永さん、舎人は筆者・清水でした。

(報告 清水卓)

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/34247258

色とりどりの花たちが咲き誇る松木の里を満喫を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • Img_0029
  • Img_0028
  • Img_0027
  • Img_0025
  • Img_0021
  • Img_0019
  • Img_0015
  • Img_0014
  • Img_0010
  • Img_0008
  • Img_0001
  • Dscn1152_3