« 草木には恵みの雨も・・・ | メイン | 森の恵み(水)に感謝 »

2013年7月29日 (月)

鉱毒を耐え抜いたブナ兄弟の生き様を未来へ

P7285871

 今日(28日)の天気は青空が顔をだし、雷雨もありしましたので爽やかさを感じた午後でした。午前中は中倉山調査のためにみちくさを閉めました。午後からオープンして、昼食を摂ろうとしたところ足尾グランドキャニオンをアタックした男性4名が寄ってくれました。コーヒーを飲みながら、20数年前の松木沢風景の話等、松木沢の素晴らしさを語り合いました。

P7285874

 昼食後は、ブナやミズナラに関して話し合いました。頂上付近の草の可憐な花のことも。

P7285915

 孤高のブナが元気なさそうなので土壌を分析すること。

P7285923

 南側斜面に生きているミズナラの幹の太さが55㌢~62㌢程が多かったので樹齢を推測すること。

P7285937

 山頂線量は0.165μSv/hであったこと。

P7285967 

P7285963

 落ちていたブナの実と実に入っていた虫の関係

P7285960

 ブナの兄弟の実の元気度等を調べよう、と話し合いました。

P7285954

 未来のいのちを支える森に願いを込めて、負の遺産を未来の財産に繋がっていくように!頑張ります。(舎人:高橋、仁平。本日の線量は0.26μSv/hでした)

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/31750833

鉱毒を耐え抜いたブナ兄弟の生き様を未来へを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • Img_0029
  • Img_0028
  • Img_0027
  • Img_0025
  • Img_0021
  • Img_0019
  • Img_0015
  • Img_0014
  • Img_0010
  • Img_0008
  • Img_0001
  • Dscn1152_3