« 2020年10月 | メイン | 2021年1月 »

2020年11月

2020年11月15日 (日)

秋晴れ 足尾まだ、つづく紅葉

今日の足尾は、快晴 気温8℃(9:00)コーヒーを飲みながらの打ち合わせ。 Photo Photo_2臼沢の森 Photo_3中倉山 Photo_4松木渓谷 Photo_5みちくさの庭では、動物によると思われるネット柵の被害 Photo_6ネット柵修繕 Photo_7草により、緑のネット下が捲り上がっているのを、ペグで固定 Photo_8作業終了。鎌田さんは、作業小屋ストーブの煙突清掃、窓拭き、モップかけと一足早く大掃除をしてくれました。みちくさに戻ると男女ハイカーが途中ガレ場あり先に進めず帰ってきました。 Photo_9

Photo_10

東京からの男性ハイカーは、孤高のブナを見にきましたが、道を間違い多くのシカに出会いましたと言って帰られました。

Photo_11宇都宮からの男女は、ダムから散歩がてらにここまできました。

本日の舎人 鎌田さん、弘永さん、報告小川でした。(本日の放射線量 0.119μsv/h)

2020年11月14日 (土)

ポカポカ陽気に誘われ、サルの群れが“みちくさの庭”で豪華ランチ

 本日は11月14日(土)、雲一つない青空が広がっています。9時の気温は10℃でしたが、昼には19℃に上がり、ポカポカ陽気の1日となりました。

Pb140276

Pb140296

Pb140313

Pb140305

 “みちくさ”のオープン準備で舎内の掃除、ストーブの灰を片付け、お湯を沸かしました。

Pb140288

 午前中、松村宗さんは、ストーブ用の薪づくりをしてくれました。筆者は、紅葉が深まりゆく杜の様子を確認しに新松木、民集の杜に足を運びました。

Pb140324

臼沢の森も紅葉から徐々に茶色へと変化し、葉を落とし始めています。

Pb140271

Pb140268

新松木の杜では、モミジが紅く色づき、ブナの葉は黄から茶色へと変化しています。

Pb140339

Pb140363

Pb140334

Pb140336

民集の杜をのぞくと、木が中ほどから折られています。確認するとクリの木です。クマが木の実を食べに来ていたようです。モズの巣は、ヒナが巣立った後に落ち葉が積もっていました。

Pb140388

Pb140429

Pb140435

Pb140439

Pb140430

Pb140411

 昼頃になると、みちくさの庭にサルの群れがやってきました。すいすいと柵を超え、子ザルは網目から中に入り、緑の草を頬張っています。20匹はいるでしょうか。柵の外にも別な群れがやってきましたが、威嚇され、先の群れの食事が終わるまで待機のようです。自然界のソーシャルディスタンですね。子ザルは索道のワイヤーで遊んでいます。

Pb140558

Pb140483

Pb140497

Pb140525

 晴天で陽気もいいので、食後の休憩、毛づくろいも行い、くつろいでいます。2時間ほど“みちくさ”し、中倉山に陽がかげるのを見計らって移動していきました。

Pb140624

Pb140574

訪問者は、群馬から来た登山者3人組が外のベンチで休憩。話を聞くと「中倉山に登りに行ったが途中で体調を崩し、松木渓谷へ行く途中でサルの群れに遭遇。怖くなって引き返してきた」そうです。サルが“みちくさの庭”で遊んでいるうちにと、松木渓谷に向かいました。

Pb140472

Pb140590

 13時30分頃、土浦から来た男性が立ち寄ってくれました。足尾には何度か来たことがあるが、松木村まで入ったのは初めてとのこと。「山の奥にこんなところ(みちくさ)があるなんて知らなかった」と、松木渓谷を楽しんでいただきました。

Dscf8574

2時になると中倉山で陽が陰ります。一気に気温が下がり13℃です。ハイカーも足早に帰っていきます。

Pb140645

Dscf8581

 松木の杜(森)も日ごとに秋が深まり、冬の到来ももうすぐです。落ち葉の中にも季節の移ろいを感じます。森ともの皆さんの来舎をお待ちしております。

Pb140337本日の放射線量 0.113µsv/h、舎人は松村宗雄さん、筆者・清水でした。

2020年11月 8日 (日)

とてもおだやかな松木

本日は、朝松木につくと、天気もよく気温も朝16.5度で、風も少なく、とてもおだやかな朝でした。

そんな天気もあるのでしょうか、動物の鳴き声が聞こえるなと思っていたら、サルの軍団がみちくさを横切っていきます。相当な数がいました。30匹以上はいたと思います。人間に警戒することなく、みちくさの庭で、木の芽などをたべてます。

写真は、それを見守るボスざるでしょうか。人間が近寄ると威嚇してきます。Rimg0081_2

そのサル同様でしょうか この陽気からか本日の来訪者は多かったです。

まずは、茨城県東海村からこられた夫婦です。松木に初めてこられたということで、松木渓谷に行く途中と、帰りにもよっていただきました。

Rimg0072_2

次は朝から松木の方にいかれていて、その帰りに寄ってもらいましたみどり市からきた3人組です。サルの群れに遭遇して(外国の方は)Happy to see Monkeyとのことでした。Rimg0073

これからジャンダルムの横から中倉山の尾根にむかう方も寄っていただきました。Rimg0075

今日は、森びとの松村健さんがきてそばの収穫をしていただきました。Rimg0077

そばはサルに食べられてなかったようです。Rimg0150

松木の杜の紅葉はちょうど見ごろを迎えてます。

臼沢の森Rimg0062

松木の杜Rimg0129

新松木のもみじ平Rimg0125

午後になって、足利から元気な男性4人組が立ち寄っていただきました。ジャンダルムをみてみたいというのと、動物の写真をとりたいといって松木渓谷の方へいかれました。Rimg0133

そのあと、松木が初めての夫婦が立ち寄っていただきました。

最後に、定年退職されて、今足尾の歴史に興味をもって勉強している千葉県柏市からこられた方が立ち寄られました。実際にみてみないとわからないということで、今回足尾に来たとのことです。とても行動力のある方で、ぜひ、また森びとを訪ねてください。Rimg0149

今日は、日中は気温20度こえました。風もなく、ぜっこうのハイキング日和でもありました。みなさん松木を満喫されたことと思います。

本日の舎人 橋倉・宮原 (本日の線量:0.120μSv)

2020年11月 1日 (日)

穏やかな日差しの松木渓谷で紅葉狩り

 本日は11月1日(日)。早いもので今年も残すところ、あと二か月となりました。

日光方面は紅葉を楽しむ車で渋滞ですが、足尾方面に向かう車は少ないようです。

Pb012490

 

 遊働楽舎(愛称:みちくさ)の寒暖計を確認すると9時の気温は9℃。松木渓谷は青空が広がり、とても気持ちのいい天候です。本日は“舎人見習い”の弘永スタッフと一緒に舎内の掃除、湯沸かしなど、松木を訪れる森ともの訪問準備を整え、のぼり旗を立てて、“みちくさ”をオープンしました。

 

Pb012505

 日光の混雑を避けて、足尾ジャンダルムにロッククライミングに向かうクライマーや登山者、松木渓谷へハイキングに向かう家族などが“みちくさ”前を通過していきました。帰りに寄ってくださいと声をかけました。

Pb012502

Pb012521

Pb012560


 放射線量を計りながら、臼沢の森や中倉山を眺めると紅や黄色に色づいた木々が目を楽しませてくれます。ゆっくりと時間が流れていくようです。

Pb012500

Pb012495_2

Pb012510

 

午前中は、11月3日に開催する『中倉山「無言の語り木」(孤高のブナ)を元気にする恩送り』の準備を行いました。根を守るための植生袋と10ℓの黒土、止め金具、背負子など。その後、小川さんと弘永さんは登山口までの道の落石確認に向かいました。

今年はコロナ禍での活動のため、森びと関係者での保護活動となります。来年は多くの森ともの皆さんと保護活動が出来ればと思います。

Pb012527

Pb012511
 

 準備を終え“みちくさ”に戻ると、自転車を押した男性が立ち寄ってくれました。砂利道で自転車に乗るところではなかったと嘆いていましたが、初めて松木渓谷を訪れ、さわやかな風と紅葉を楽しんでいただいたようです。3日間の休暇を取り、大阪から電車を乗り継ぎ、わたらせ渓谷鉄道で足尾まで来てくれました。森びと手拭の購入ありがとうございます。

Pb012573

 午後になると、松木渓谷を散策した帰りに足利から訪れたご夫婦が立ち寄ってくれました。「静かで、さわやかな、いいところですね」と旧松木村を気に入ってくれた様子です。山登りが趣味のようで、足利の織姫神社から日光の神社まで3日かけて歩く計画を立てているそうです。最新の山の地図には、中倉山への登山ルートと孤高のブナが紹介されていることを教えてくれました。新緑の時期にもお越しください。お待ちしています。

Pb012577

 

 中倉山に太陽が隠れると一気に寒くなります。本日最後の訪問者は千葉県柏市の方です。

シカなど動物が見られることを楽しみに来たそうですが、あいにく出会えなかったようです。森が生長することで、シカ以外にもアナグマが住み、クマもエサを求めてやってくることを紹介しました。

Pb012628

 

Pb012623

 多くの皆さんが松木の杜を散策し、楽しんでくれたようです。ブナの葉は黄色く、カエデの葉は紅く色づき、陽の光を浴びて輝いています。松木の森・杜の紅葉はこれからです。静かな、ゆっくりとした時の流れを感じに足を運んでください。多くの森ともの皆さまのお越しをお待ちしています。

Pb012626

Pb012532

Pb012579


Pb012631

本日の放射線量 0.116µsv/h、舎人は小川さん、見習の弘永さん、筆者・清水でした。

最近の写真

  • Dscn9874
  • Dscn9873
  • Dscn9872
  • Dscn9867
  • Dscn9866
  • Dscn9862
  • Dscn9861
  • 20240525_130955453
  • 20240525_095906
  • 20240525_094501
  • 20240525_093857_2
  • 20240525_091336