« 虫たちや先祖達も、暑い夏に少しバテ気味? | メイン | 静かな雨の一日 »

2016年8月14日 (日)

下界の暑さを忘れる足尾・松木渓谷の旧盆

P8140430_640x490_640x490

P8145550_640x479

 静かな旧盆の中日、朝の気温は24.5℃。中倉山の頂上はガスに覆われていました。午前中は沢風もなく、松木川の水の流れる音、ホオジロの囀りだけが聴こえていました。

P8145560_640x479

P8145558_640x531

P8065463_640x479

P8145566_640x479

 ススキの穂も色づき、月見草の黄色の花びらがしっとりしていました。地ではバッタがあまりの静けさに驚いたか、身動きしません。鹿たちものんびりと対岸で草を食べていました。

P8140438_640x563

 沢風が暖かい風を吹き上げてきた11時過ぎ、茨城県から来た宮田さんが寄ってくれました。彼は、先日、中倉山に登り、稜線から松木川を見下ろし時、製錬工場閉鎖から30数年経っているのにあまりにも荒廃している地があるとは、と感じて訪れたと言っていました。立ち話をした後、松木渓谷へ向って歩いていきました。

P8065423_640x598

 午後二時半頃、「6号ダムまで行ってきました」と宮田さんが寄ってくれました。彼は、「初めての松木沢は素晴らしかったです。緑豊かな森になっていくことを願っています」、とノートに書き、寄付をしてくれました。再開の話をしながら、帰路につきました。

P8140441_640x516

 同時間、新宿区から来たという男女。背には犬を三匹背負い、「みちくさ」で一休み。冷たい水を飲み終わると、「足尾キャニオンを見てきます」、と松木渓谷へ向って行きました。帰り際に寄付をしていただきました。

P8065443_640x479

 とても静かで、心地よい涼しい沢風、そして秋の恵みが待ち遠しいひと時でした。 (舎人:高橋佳夫、手伝い:高橋よし子。今日の放射能線量は0.15μSv/vでした)

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/33909653

下界の暑さを忘れる足尾・松木渓谷の旧盆を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • P9243824_3
  • P9243791
  • P9243770
  • P9243766
  • P9243762
  • P9243747
  • P9243733
  • P9243729
  • P9243716
  • P9243712
  • P9243705
  • P9243691