« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月24日 (日)

冬支度をした足尾の木々

前日同様に、朝9時の気温は8℃でした。

お昼前に、宇都宮から来られたご夫婦が犬を連れて晩秋の松木沢を散策されていました。

Dscn0083

午後には、クライマーの大木さんが松木沢ジャンダルムでのクライミング写真を19冊も持ってきてくださいました。ありがとうございます。写真で今と昔の松木沢の自然を勉強させていただきます。

Dscn0085

Dsc00219

太田市から来られたご夫婦は、大木さんの写真を見て無駄のない筋肉に驚き、鍛えなおさねばとおしってました。また、備前楯山からの中倉山のブナの木が感動的だったので一度登ってみたいと言っていました。

登るのでしたら新緑の頃が良いかと思います。

Dsc00222

Dsc00223

 本日の線量0,216μsv/h 舎人(小川・武田)

2013年11月23日 (土)

足尾の山も冬支度へ・・・

今朝は、いつもになく寒い日でしたので、空気もピートと張りつめていました。

Cimg0003

足尾に向かう新幹線の窓からは雪で真っ白な富士山がとても美しくはっきりと見えました。

遊動学舎(通称 みちくさ)に着くと、気温が8℃しかありませんでした。

Cimg0006

天気もいいので多くの森ともとの出会いを期待してみちくさをオープンしました。しかし、残念ですが午前中は訪れる森とものみなさんはいませんでした。

Cimg0007

舎人の小井戸さんは、安全に使えるようにとチェンソー刃の手入れをしていました。

Cimg0011

午後は、足尾のグランドキャニオンが雑誌に掲載されていたので、ハイキングに来たご夫婦がみちくさに寄ってくれました。ご夫妻は栃木県内の在住の40代で、足尾は木がとても少ないと言っていました。また、動物が多いことにビックリしていました。

Cimg0013

 午後、ドクダミ荘の近くにお住いの塚原さんが、「みなさんで食べてください」と言って、手作りのジャコを持って来てくれました。塚原さん、いつもありがとうございます。明日、ボランティアの皆さんと一緒にいただきます。(舎人:小井戸、武田、本日の線量は0.22μSv/h)

 

 

 

 

 

2013年11月17日 (日)

子狐が森ともと一緒に訪れてくれました。

今日は3組の森ともと子キツネが訪れてくれました。最初の訪問者はみどり市の大木さんご夫婦で大木さんは50年前から松木沢渓谷にクライマーとして入山している方で、9月にも1人来舎してくれて今回奥様と一緒に「よりみち」をしてくれました。「今日は風もなく雲もなく、青空の好天気で最高での日です。紅葉も見ることも出来てとても素敵な日にお邪魔できて良かったです。色んなお話が聞けて楽しかったです」と奥様は森びとノートに記してくれました。また大木さんは50年前からのクライマー写真を提供してくれることを約束してくれました。楽しみにしています。

Cimg6126Cimg6134

2番めに来舎してくれましたのは、熊本から6か月前に埼玉へ転勤してきたアウドドアーの好青年です。「何処かの沢に入りたい」と探したら、歴史も学べる足尾の松木沢渓谷が良いと直感で決めて来ました。来年は植樹にも参加したいと抱負を語ってくれた川越市の東さんです。3組の森ともは東京から散策のSさんご夫婦でさんでした。今晩はかじか荘に宿泊すると少し休んで下山して行きました。最後に寄ってくれましたのは、館林の堀越さんと佐野市の小林さんでした。よりみちをしてくれました森ともの皆さんありがとうございました。

Cimg6138Cimg6144

Cimg6142

森びと広場では岡安スタッフが越冬準備のビニールハウスの風入れ口を工夫してくれました。お疲れ様でした。本日の線量0,275μsv/h 舎人(岡安・松井)

 Cimg6135

2013年11月16日 (土)

足尾は冬本番に入りました。注意をしましょう!

 厳しい冬が訪れています。天気は快晴の日光から足尾に向かう途中、2件の交通事故を目の当たりにしました。足尾は冬本番を迎えていること、自然界の怖さを実感しましたので、車のタイヤをスタットレスタイヤにすぐに交換しました。

 快晴で風も吹かない松木沢を多くの森びとが、訪れて頂けると期待していましたが本日は、遊働楽舎「みちくさ」の訪問者はいませんでしたので少し残念です。

朝、日光駅前で撮った女峯山の写真と森びと広場で育っている南相馬市の「森の防潮堤」のタブの苗木やコナラの紅葉を紹介します。来春から始まる予定の東松木の森の測量と下見を鎌田さんと加賀さんが実施してくれていました。お疲れさまでした。

Cimg6087Cimg6089_3Cimg6120

Cimg6123Cimg6095

線量は0.280μSv/h   (舎人:松井、田岡)

 

 

 

2013年11月11日 (月)

自然の織りなす「美」に感動!

  本日は11月10日(日)です。松木村は雲に覆われ、小雨が降ったり止んだりの安定しない天候でした。午前9時、遊働楽舎「みちくさ」の温度計は10℃です。ハイカーが暖を取れるようにストーブに火を入れ「みちくさ」をオープンしました。 

  草むらの「チカラシバ」に水滴が付き、宝石のようにキラキラと輝いています。紅葉と相まって、自然の織りなす「美」に感動です。

 

Photo_2

  臼沢の紅葉が深まっているようなので、確認に向かいました。モミジは葉を紅く染め、ミズナラは紅から茶色へ、コブシは緑から黄色へ、ブナは黄金色へと冬支度をしています。 

 

Photo_10

Photo_11

Photo_3

 

Photo_5

   階段や木の根元には落ち葉が降り積もり、木の葉の絨毯のようです。これら落ち葉は、土壌動物によってゆっくりとゆっくりと分解され、木々の栄養となる腐葉土に変化します。いのちの循環です。

Photo_6

Photo_7

 

 午後1時頃、伊勢崎市から松木渓谷にハイキングに訪れた「昭友会ハイキングクラブ」の皆さんが遊働学舎に立ち寄ってくれました。「松木渓谷 秋風にさそわれて 楽しく元気に行って来ました。紅葉がきれいです。」とノートに書き記してくれました。

Photo_9

Photo_8

  午後3時頃、高崎市から松木渓谷を訪れた2人組のハイカーが遊働学舎の前を通りかかったので声をかけました。落石で道が塞がれていたので引き返してきたそうです。舎には寄っていただけませんでしたが、煙害や植林の取り組みなど話しをすることができました。

Photo_12

Photo_13

Photo_14

 多くの森ともの訪問をお待ちしています。

 

(舎人:清水  本日の放射線量 0.242μsv/h)

 

2013年11月10日 (日)

一期一笑!な一日も演出してくれる訪問者との出会いはいつも楽しみ

本日の足尾は9時20分現在の気温は8℃で、天気は曇りの肌寒い1日でした。

下から見上げる臼沢の森はすっかり赤や黄色で色づいており、美しい姿を演出しています。しかし、猛暑の夏がようやく終わり、秋めいてきたと思ったら、もう冬支度が必要な時期になってしまいました。暖かい恰好をして、風邪にはお気を付け下さい。

Imgp0270  10時30分頃に、第4期の山本インストラクターと奥様が来舎されました。今日の秋の感謝デーに参加をされる前段に立ち寄って下さりました。山本さんからはご自身が働いている「希望の家」の作業場の写真を見せてもらいました。10,000ポット以上の苗木の管理をコツコツされていたり、先日も水戸までタブを採取しに行かれるなど相変わらずアクティブに活動されている山本さんと、献身的にサポートされている奥様の仲睦まじい姿が印象的でした。

  11時過ぎには1台の大型バスがヘリポートに着き、30人ほどの方々がガイドの方の話を熱心に聞いていました。すると、どこからともなくコギツネがみちくさの前に来ていて、ヘリポートの方をじっと見つめていましたので、勝手に「あんなにたくさん仲間がいて、うらやましいなぁ」とでも思っているのかなぁと想像していました。

Imgp0275_3  11時30分頃に、「ジャンダルムの写真を撮ってきた」というご夫妻?が来舎されました。足尾にはよく来ていらっしゃるそうですが、松木沢は初めて訪れたそうで、カラミの説明をさせてもらうと驚いていました。またゆっくりいらして下さい。

Dscf1162 14時には11時過ぎから植樹に来ていた団体がありまして、昼食後にちびっ子3人が走ってきてくれました。みちくさに置いてあるテンのフンやシカの剥製を 見て、「ぎゃあ」と驚いていました。ちょうど白檀の香をたいていたら、男の子が「和の匂いがする」「いい匂いだ」と感じ取ってくれ、なにかほっこりしました。

Imgp0282_2 (本日の舎人:小林 本日の線量:0.176μsv/h)

2013年11月 4日 (月)

にぎやかな”みちくさ”になりました。

三連休の中日、しかも日光の山の手は紅葉が見頃とあって、ものの見事に渋滞にひっかかりました。ところが、いろは坂の少し手前の交差点で左折して、足尾に向かう道に入るとあとはスイスイスイ~。

日光も良いですが足尾も穴場ですぞみなさん。

Imgp0246 

本日はとても素敵なご夫婦が二組、みちくさに初来舎くださいました。

午前中には飯塚さんご夫妻。以前松木に来たことがあるそうで、昔を思い出しながら楽しく歩いてこられたそうです。驚いたのは次に見えられた大木さんとはご友人だということ。お互いに予定を立てて来たわけではないとのことで、その偶然にわたし達もびっくりしました。

Imgp0262 

お昼には桜田さんご夫妻。”初めての松木渓谷、初めて見る光景に唯あ然とするばかりでした。”と感想を書いてくださいました。中倉山山頂のブナの話をしたところ、今度はそのブナを見に行きたいとのこと。その時は是非ご連絡いただければと思います。

Imgp0266 

ひょうひょうとやってこられたのが飯塚さんご夫妻のお友達の大木さん。なんと14歳から足尾で岩登りをはじめたそうです。今回二度目の来舎で、今日は紅葉の写真を取りに来たとのこと。以前見えた時に、ジャンダルムに登りはじめた頃の写真を持ってくる約束をしたとのことで、今回はそのアルバムを持ってきてくださいました。まだ白黒の迫力ある写真はどれも素晴しいものでした。

その当時はまだ鉱山が稼働していて、亜硫酸ガスがジャンダルムまで届いていたこと。溶鉱炉から銅を取り出す瞬間は、闇夜の中で空が明るくなるほどだったこと。登りはじめた頃の足尾の話もいろいろ話してくださいました。

Imgp0257・ガイドブックにも大木さんの名前が載っています。

三川ダムの近くで戦隊物の爆破を使ったシーンの撮影をやっていたことがあるそうで、僕が子供の頃に見たどこかのシーンの背景は、もしかしたら足尾だったのかなと、ちょっと嬉しくなりました。

Imgp0265・にぎやかな”みちくさ”になりました。

お昼を過ぎていらしたのは鈴木さん、益子さん、平山さんのクライマー3名。これまでも幾度と立ち寄ってくださっており、クライミングの写真やシカの骨格などを頂いている皆さんです。(いつもありがとうございます。今回は気づかずに失礼しました。)

Imgp0267 

朝からジャンダルムを登り、これからまた戻ってボルダリングジムに行ってトレーニングをするとのこと。しかしクライミングをやっている方はみなさんスマートで格好いいですよね。スマートではない私でも大丈夫だといわれたので^^、いつか挑戦してみたいです。と話を聞いているといつも思ってしまうのですが・・・。

今回も迫力ある写真を送って頂きました。ありがとうございました。(舎人:仁平、小黒 本日の線量0.238μSv)

11_large 

17_large 

20_large 

22_large 

26_large ・てっぺんの人、気持よさそうですね~

28_large・アサギマダラでしょうか。休憩中に近づいてきたそうです。

 

 

2013年11月 3日 (日)

のんびり“足尾を散策しませんか”

Pb020715_5 今日から3連休です。天気も穏やかで風もなく絶好の行楽日よりとなりました。

 1週間前は、台風27号の接近予想もあり土砂崩れや増水などを避けるため“休舎”としましたが、今日は絶好の紅葉日和となりました。

Pb020714  足尾・松木沢を訪れるハイカー達の趣向は、それぞれの方たちによって違うことも感じています。

Dsc00251_2 今日は動物たちも顔を出してくれました。自然界のなかでの動物たちの暮らしは大変なんだろうなあ~とシャッターを切りながら思いました。

お昼頃になり、ご夫婦のハイカー(群馬県)が“みちくさ”に立ち寄りました。

さらに田中正造記念館主催のフィールドワークの方たちも、バスの発車時間を気にしながらも松木渓谷の秋景色を堪能していました。

Pb020721_2 森とものみなさん~

松木渓谷の秋景色は、みなさんを待っています。

 心のリフレッシュをしませんか?

森びとのスタッフが、心より“おもてなし”をします。

 

<舎人:星野・仁平。本日の放射線量は 0.275μSv/h>

最近の写真

  • Dsc_0032
  • Img_6048
  • Img_6045
  • Img_6031
  • Img_6028
  • Img_6026
  • Img_6019
  • Img_6005
  • Img_6002
  • Img_5999
  • P9178475
  • Photo