« うれしい七夕になりました。森ともと「クマ」と星空の織姫が“みちくさ”してくれました。 | メイン | いのちをつなぐ森づくり。生物社会の一員に仲間入り。 »

2019年7月14日 (日)

クマと森とひとと

日光に向かう電車の車窓からはずいぶんと緑が濃くなってきたのを感じました。この時期は、山裾のマタタビの白さが目立ちます。今年の梅雨はなかなか晴れ間が少なく、今日も曇りとはいえ雨がぱらつく予報。三連休ながら人の足が心配される出だしでた。

Dsc_0020_r

みちくさにつくと足尾の山を知り尽くしているUさんがやって来て、対岸にクマがいることを教えてくれました。

P7131651_r

どこかにクマが…クマの親子は一日中対岸で戯れて?いました

足尾の山の話でいろいろ盛り上がったりしましたが、厳しい意見も頂きました。

「中倉山にハイカーが増え、ゴミが増えたり、勝手にマーキングをしたり新しい道を作ったりする人も増えた。孤高のブナで中倉山を有名にしたのは森びとなのだから、その責任はきちんととってくれないと」と。責任はともかく、足尾の山々が傷むことは私たちの本意ではないので、これは早急に森びととしてできることを検討して実施したいですね。貴重なご意見、ありがとうございました。

お昼にこちらも足尾を深く知り愛するお一かた、大木さんがやって来て、今年はクマに5連続で会ったよ!と言って写真を見せてくれました。今日もお漬物の差し入れをしてくださり、本当にありがとうございました。

Dsc_0017_r

三連休とはいえ、さすがにこの天気ではね、と思っていたところ、後半に3組の方に訪問頂きました。

クマと足尾の星空を愛する女性が、先週に引き続き再訪問くださいました。みちくさの手前で会うと、あそこにクマいますよと。逆に教えてくださいました。あの小さな点を一人でよく見つけたなぁと感心しきり。その後、松木での「星空観察会」実現に向けて、日程調整やアドバイスをみちくさにて。

作業から戻ってきたメンバーも含めてがやがやしていたら、埼玉から釣りびとがお二方、休憩がてらに立ち寄ってくださいました。今日は一番奥の堰堤まで足を伸ばして、そこそこ大きなイワナが釣れたとのこと。やはり2年前くらいからクマを多く見るようになったそうです。

最後は旧日光市から来ていただいたご夫婦。足尾ゲートの中入ったのは初めてだそうです。話をしていると、森びとがいつもお世話になっている、鈴木いつ子さんのお知り合いだと判明!ご寄付も頂き恐縮でした。カッコいい杖をお持ちだったので、その話をしたら是非使ってくださいと、置いていかれました。こちらも大切に使いますね。ありがとうございました。

P7131652_r

今日は雨も降らず、多くのみなさんに立ち寄っていいただきたのしいみちくさとなりました。ただ、この辺り、クマの活動が活発になっているようですので、入山されるかたは十分ご注意のほど!


来週はいよいよ育樹祭があります。どうぞ奮ってご参加ください!

Dsc_0018_r

みちくさの庭での草取り
根がこんなに張っています

(舎人 松村宗、小黒 本日の線量 0,117μSV)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/34184793

クマと森とひととを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo_2
  • Photo_9
  • Photo_10
  • 5
  • Photo_7
  • Photo_6
  • Photo_8
  • Photo_5
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_11
  • Photo