« 初夏を思わせる風と新緑の輝きの足尾・松木渓谷入口 | メイン | 横根高原のメガソーラー建設計画に反対! »

2019年5月19日 (日)

ゆっくり静かな時間が過ぎていく足尾・松木渓谷入口

Photo

Photo_2  「みちくさ」到着は8時。舎人の鎌田さんを待つまでの間、お湯を沸かしながら室内の掃除と理事の岩橋さんが届けててくれた「ティッシュケース」(奥様手作り)を棚に置く。気温は17度で、とても過ごし易い朝でした。

Photo_3トラフシジミ

Photo_4

Photo_5  放射能線量を計測していると、色々な虫たちに出会いました。鎌田さんは、奥様と友人・鈴木さんを車に乗せてやってきてくれました。朝のホットコーヒーを煎れて、ラジオから流れるクラシック音楽をBGMにして、静かなひと時を過ごしました。

Photo_6

Photo_7

Photo_8  「みちくさ庭園」はツツジ、ジャーマンアイリスの花が園らしさをつくっていました。

Photo_9

Photo_10

Photo_11

 三人は「臼沢西の森」の補植、苗床でブナの幼木をポットに移し替え、そして撒水をやってくれました。筆者は「みちくさ庭園」の手入れをしました。

P5193173

P5193193  訪問者は13時頃に、茨城県から来てくれた男性3人のハイカーでした。低山の多い茨城県民の3名は一度来てみたかった足尾ということでした。その後、庭園にいると「キツネの写真データを持ってきました」と、以前にお会いした大澤さんがUSBを渡してくれました。その写真が下のキツネです。ありがとうございました。写真は拡大プリントにして「みちくさ」に展示おきます。

Photo_12 

Img_0269_3  14時を過ぎると、結城から初めて松木沢に来た若者2名。渓流釣りも初めてといいながら、イワナをゲットした話しや足尾の自然のことに関して話をすることができました。Oさん、Sさんは、また来たいと言ってくれました。またお会いできることを楽しみにしています。

Photo_14  15時になると、鎌田さん達は「みちくさ」に戻り、久しぶりの森作業に満足しているようでした。小さな虫たちは今日も忙しそうに働いていました。

Photo_15

Photo_16

Photo_17 キバネツノトンボ

 今日の訪問者は7名、放射線線量は0.13μ㏜/hでした。(舎人 鎌田孝男、髙橋佳夫)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/34179353

ゆっくり静かな時間が過ぎていく足尾・松木渓谷入口を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Dscn6947
  • P7050530
  • P7050526
  • P7050520
  • P7050502
  • P7050501
  • P7052061
  • Image2
  • Image5
  • P7050490
  • P7050459
  • P7050450