« いのちが繋がる!ホタルの舞う松木村に希望を膨らませる。 | メイン | 台風一過、カワニナは猛威に負けず生きていました。 »

2018年10月 7日 (日)

台風の爪跡が痛々しい神無月(10月)の足尾松木沢

Photo  昨日の9時、「遊働楽舎」(愛称:みちくさ)に到着、まず目に飛び込んだのは台風24号が残した爪痕でした。長年、松木沢の生き物の食料であった楽舎近くのアキグミが無残な姿になっていたのをはじめ、あちこちで土砂の流れ込み、大雨の流れで地面がえぐられていました。

Img_0051

Img_0053

Img_0056 人間が太刀打ちできない自然の力を痛感した連休の「みちくさ」スタートでした。松木村跡地やまわりの山々に秋を感じる紅葉が目に飛び込んできます。そんな中、千葉県から一人旅を楽しむ男性が「松木渓谷まで行ってきます」と歩いていきました。間もなくすると戻ってきましたので感想聞くと、軽装備のため途中で断念し装備を整えて再アタックしますということでした。

Img_0059

Photo_2  東京から訪れた男性三人は、「当初計画は燕岳でしたがどこを検索しても天候が思わしくないので、やむなくここに来ました」と言っていました。来舎の皆さんからから心温まるカンパをいただきました。ありがとうございました。Img_0061 続いてあいさつしてくれたのは若い三人組、彼等は「ジャンダルムをアックしてきます」と渓谷へ向かっていきました。

Img_0058

Img_0057

Photo_3  最後の方は、立ち話でしたが福島県白河から訪れた男性。彼は公民館活動の下見できました。当会の理事長は「サンデーモーニング」に主演していた岸井さんでしたよと紹介すると、皆さん知っていました。改めてすごくネームバリユーがあったのだと実感した神無月の一日でありました。写真のアップが

遅れましたことをお詫びいたします。

本日の舎人 岡安、松村 放射線線量は0.103μ㏜/hでした。(報告 松村)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/34146756

台風の爪跡が痛々しい神無月(10月)の足尾松木沢を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真

  • Img_3642_r
  • Img_3617_r
  • Img_3615_r
  • Img_3611_r
  • P8182127_r
  • Img_3606_r_2
  • Img_3606_r
  • Img_3605_r
  • Img_3602_r
  • Img_3600_r
  • 20190817_150416
  • 20190817_135940