« 秋晴れの足尾 | メイン | 晩秋を思わせる松木沢で、一足早い冬支度! »

2017年9月10日 (日)

足尾・松木渓谷入口の自然を独り占め?久しぶりに五感を磨く

Photo  清々しいほどの秋晴れということもあってか、9時前に「みちくさ」オープン準備をしていると双子の子を抱いた親子が松木川上流から歩いてきた。「おはようございます!」と挨拶。昨夜は松木川の河原で一泊して、自然を満喫した様子。

Photo_2  準備が終わり、放射能線量を計測しようと歩き出すと、男女3人の釣り人が上流へ向って行った。とても楽しい雰囲気でした。

Photo_3  天空では飛行機が飛ぶ音と松木川の水の流れの音、そして、残り少ないウワミズザクラの実を食べているヒヨドリの警戒心音、カケスが舞う時に鳴く「ギャー、ギャー!」という声が気持ちを和ます。

Photo_4

Photo_5  10時を過ぎると、ツクツクボウシが鳴きはじめ、木々の枝にはシジュウカラが幹の隙間にいる虫を探している。なんとも言えない秋を独り占めしているようなひと時。気温は28度だというのに爽やかな沢風が心地よい。

P9108710

Photo_6

Photo_7

Photo_8  早めの昼食をしていると、上流から男性が歩いてきたので「お茶どうぞ!」と声をかけると「ありがとうございます」と寄ってくれた。男性は、足尾グランドキャニオンをアタックして中倉山登頂を試みていたが、途中、気力がなくなり山頂を断念した、と言って冷たい緑茶を飲んでいた。

Photo_9  話をしていると当委員会のブログ「みちくさ日記」をたまに見ていると言う。足尾の山々に相当登っているらしく、足尾の自然を楽しんでいる館林の男性でした。

2

Photo_10  

Photo_14 草地にはタテハの仲間の蝶、甲虫・センチコガネ、ヒカゲの仲間等の虫たちが忙しそうでした。

Photo_11

Photo_12  14時過ぎ、シニア男女が小型自転車に乗って上流へ行った。以前にも来たらしく、当時の想いを描きながら自転車を押している様だった。三時頃には気分良さそうに帰って行った。 

Photo_13

Photo_15

Photo_16 三時を過ぎても静かな松木渓谷入口。鳥の鳴き声も止み、聴こえてくるのはコオロギ等の秋の虫の鳴き声だけ。その声も対面の細い沢に流れる水の音に消されそうになる。今日は目と耳が鋭くなった気がした。

(本日の放射能線量は0.135μSv/h、舎人:高橋佳夫)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/34081660

足尾・松木渓谷入口の自然を独り占め?久しぶりに五感を磨くを参照しているブログ:

コメント

今日はお茶をありがとうございました。アハ^ ^いつの間にやら撮られてましたか。また機会があれば遠慮なく寄らせていただきます。主さんのお人柄に引き寄せられます。

コメントを投稿

最近の写真

  • 1071mov_000083942
  • Sunp0001avi_000008523
  • Securedownload
  • Dji_0002mov_000068014
  • Securedownload1
  • Photo_8
  • 2
  • Photo
  • Photo_6
  • 3
  • 2_2
  • Photo_10